読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

復刻版・高等遊民になりたい。

やっぱりブログを書きたくなったので。

書いてる以上は読まれたい。

 

それはたぶん、本能的なものですが。

わざわざ時間をさいて書くということは、やはり誰かに読んでほしいんだと思います。いや、誰にとっても1ミリも有益でない話しかしてないんで、どだい無理な話ではあるんですけど。

 

たくさんの人に読んでほしいなら、Facebookとかでシェアすればいい。でも、仕事の話とかもしてるので、同僚や上司にはあまり読まれたくありません(なんか、実態以上に現状に不満を持っているように見えちゃうし)。

 

まあ内容が内容なので、私に興味なければ読んではくれないですよね。「興味」というのも、好意的なものにかぎらず、どちらかというと「また恥をさらしてるからバカにするネタにしよう」というケースもあるでしょう。あまり良い気分はしませんが、そこは「書く仕事をしたい」と考えた時点である程度は覚悟してるのでよしとします。

やっぱり、書いたものが誰にも届かず、ただネットワーク上に放置されているだけ...というのが、いちばんきっついですよね。日記的なブログですが、本当の日記?は物理的にぐちゃぐちゃ書いていて、ある程度は誰かに言いたいことをブログにアップしているわけですし。

 

まあ、読まれたいならコンテンツをもっとターゲットに合わせろよ、読みたくなるものにしろよ、と思います。

でもなあ。

以前、コンテンツ的に「意見」を書いたとき、ある程度は肯定的に受け止めてもらえましたけど、やっぱ一定数反論してくる人がいて、それがちょっと心に刺さってるんです。いや、意見を書くって当たり前にそういうことなんですけど、むやみにそれで友達や、好意を持ってくれている人を減らしたくないな、わざわざ傷ついてまで言うほどの意見でもないな...と思ってしまってます。趣味のブログだし。

 

かといって、まとめ記事とか、便利情報とか、そういうのを書きたいとは思いません。結局は自己満足が目的だから、仕方ないのかな...ただ身辺雑記を書いてコンテンツ化できる身分とはほど遠いですが、しばらくはそのスタイルを続けてみますかね...。

 

でもまあ、現状これを収益化しようとも思っていないし、「ちょっとでも自分が思ってること、考えてることを知ってもらえたらうれしい」「共感してもらえたらもっとうれしい」「読んで楽しんでもらえたらめっちゃうれしい」という気持ちで書いてるので、読者がついたらラッキー、くらいの感覚ですかね。

 

ひきつづき、読者ほぼゼロの状態で、ひっそりと書き続けてみることにします。たぶん読む人はしばらく現れないけれど、ちょっとでも楽しんでくれたらうれしいです。

 

※なんか書いてて、すっごい小心者感とザコキャラ感が出て悲しくなったので、そのうち運営方針が変わるかもしれませんが、そのときもあたたかい目でごらんいただけると助かります...。